☆平成28年熊本地震

昨夜、事務局と東京方面のスタッフが熊本・大分から戻りました。

一昨日には、イベントのマーシャルカーとして使用するためお借りしていたMINIを熊本市内へ返却に行きました。途中、自動車ディーラーや店舗のガラスが割れていたり、店舗内外の装飾が大きく破損していたり、ブルーシートのかかっている住宅も多く見られました。

MINIをご提供いただいたディーラーの店長は、今回一番被害の大きい益城町に在住しており、自宅が崩壊し、ご本人も怪我をされたと臨時休業中の店舗に車両の引き受けのために出社してくれた社員の方が話していました。

また、熊本在住の参加者の中には経営するレストランや自宅が被害を受け避難所で過ごしている方、1回目の地震の後、今年のイベントを実施するためにご尽力をいただいていた阿蘇一の宮門前町商店街の皆さん、南阿蘇鉄道長陽駅の駅長などのスタンプポイントとして我々を受け入れてくれようとしていた多くの方々と行政機関・観光協会の方々、手旗やプログラムを現地で受け取り保管してくれている大津町のバイクショップなどなど、直接的にチェント・ミリアかみつえを支えてくれている方々も大きな被害を受けています。

昨日はイベントへのご協賛品としてご提供いただいた果物とお米を被災された一部の方に届けて来ました。残念ながら交通や物流が確保されていない地域もあり、物資を届けられなかった方もまだまだいます。

一方、被災されなかった参加者の皆さんからは、多くの前向きなご提案をいただいています。

救援活動が本格化する中、事務局としては物理的、経済的にも地域全体に貢献できる余裕はなく、微力ながら長年チェントを支えてくれている仲間、直接的な関係者を援助をしていきたいと考えています。
何卒、ご理解いただけましたら幸いに存じます。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM